ぼくの視点を気ままに切り取ってます♪
 

 

 
さて、南九州旅行も今日にておしまいです。

長い間付き合っていただき本当にありがとうございました。

今回の旅行は日本神話にまつわる聖地と言われるような場所を主にめぐりました。

神話や歴史にはとても疎いので間違ってる解釈も多々あったのでないかと思います。

でも神話は有識者の間でもいろんな見解があるそうです。

いろんな想像を働かせて楽しくロマンに浸るのもいいのではなかと思います。


また印象としては女性がとても多いなと感じました。

パワースポットやスピリチュアリティ的なものに女性は興味があるのかもしれませんね。



写真00452


この「鵜戸神宮(うどじんぐう)」は鵜戸崎岬の突端にある洞窟の中にあります。

朱塗りの色鮮やかな御本殿が洞窟内にご鎮座する珍しいものです。

薄暗がりのなかに浮かび上がる姿はとても神秘的でした。

ちなみにここも日本神話の聖地と呼ばれています。

「山幸彦と海幸彦(やまさちひことうみさちひこ)神話」の舞台の一つなんです。

海神の娘、「豊玉姫命(トヨタマヒメ)」と「山幸彦(やまさちひこ)」が結ばれ子を授かります。

その子を産むための産屋を立てた場所がこの洞窟とのことです。

「浦島太郎物語」の元となっているらしいです。


宮崎県日南市「鵜戸神宮(うどじんぐう)」より


 

more




写真00450








写真00449


洞窟前の境内からはこの景色が広がっています。








写真00445


駐車場から境内まではこの急な石の階段があります。

1300年の歴史があるそうです。








写真00446


ここを訪れる方の歩みで踏み段の中央部がすり減ってくぼんでいます。

歴史とこの神宮がいかに多くの人々に愛され信仰されていたかわかりますね。

ただいまでは近道が出来て、この急な石の坂道を歩く方は少なくなったそうです。


スポンサーサイト

 

 

Comment

 

こんにちは!
南九州旅行編、楽しく拝見させて頂きました。
考えたら、僕も27・8年前に新婚旅行で宮崎~鹿児島に言ってるんですよね。
青島や鵜戸神宮にも行ってます。。。たぶん・・・^^:
鵜戸神宮のお守りを今も持ってますから。
でも、どんなところだったのかまったく記憶が無い。。。
その当時は神社や景色に興味も無かったからなのでしょう。
今、もう一度ゆっくりと回ってみたいです ^^
素敵な写真ありがとうございました。

名前:聖カノン | 2014.06.13(金) 16:58 | URL | [Edit]

 

聖カノンさん
おはようございます!

>南九州旅行編、楽しく拝見させて頂きました。
ありがとうございます。
嬉しいです♪
>考えたら、僕も27・8年前に新婚旅行で宮崎~鹿児島に言ってるんですよね。
ひと昔前では宮崎や鹿児島は新婚旅行のメッカでしたもんね。
でも今は宮崎県は九州の中でも交通の便がわるく以前ほど人気もないそうです。
ただ東〇原氏が知事になってかなり盛り返したんですって!

>青島や鵜戸神宮にも行ってます。。。たぶん・・・^^:
鵜戸神宮のお守りを今も持ってますから。
でも、どんなところだったのかまったく記憶が無い。。。
是非カメラを持って行ってみてください。
奥様とご一緒にね!^^

名前:ふっさん | 2014.06.15(日) 06:15 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

Trackback

 

 

→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/06/14 09:09)

日南市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
ケノーベル エージェント[2014/06/14 09:09]

ふっさん

Author:ふっさん
大阪府は泉佐野市在住
写真を撮るのがとにかく好きです。
お届けした写真に共感してくれたら嬉しいです。

この人とブロともになる

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 *ぼくはやっぱりぼく*, all rights reserved.